全てに感謝

 昨日全国高校空手道選抜大会の中止が発表されました。大震災のため、高校選抜相撲やボクシングが中止されているので予感はしていたのですが、的中しました。あと10日というところでさぞ無念だろうと思い、娘に電話すると「えっ!」としばし絶句した後「でも東北の人はもっと苦しんどらすけんねー。また火の国旗に向けて頑張るよ。」(一部言葉が熊本なまりになっている)と我々大人よりもはるかに大人の対応。この親元を離れた1年間で娘は心身ともに成長しました。(親身になって指導して下さる先生方、暖かく見守って下さる保護者会の方々、兄弟のようなチームメイトの皆さん、有難う御座います。マリスト空手部は本当に暖かい!)本当は、試合の結果よりもはるかにこちらのほうが大事だということを思い出しました。誰が強いとか誰が優勝したとかいうことは、5年もすれば誰も覚えていませんが、本当に情熱を燃やした記憶や仲間、先生、自信、思いやり、礼儀、経験は子供の心の中で一生の財産です。(現役の子供たちには絶対言いませんが)武道、スポーツ指導に関係する大人は心の片隅に絶対置いとかなければならない事だと思っています。選抜の中止と子供の成長を感じた複雑な一日でした。

カテゴリー: 空手道   パーマリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>