プライマリケア連合学会秋季セミナー

翌日の11/12同じく大阪で上記があり参加してきました。今回は2つのワークショップ(午前3時間、午後3時間)に参加、勉強してきました。

午前中WS;渡航に伴うリスクマネジメント

いわゆるトラベルメディスンです。海外渡航にはどのようなリスクが潜んでいるか。

・水は炭酸水(開封してないもの)は安心。ペットボトルは空いてないか要注意。高級ホテルでも水道水は危ない。氷に注意。硬水は下痢する。生野菜、日本料理店の刺身は注意。フルーツは自分で剥く。

・蚊、ダニ対策

・ワクチンスケジュール

・英文診断書の書き方

・海外旅行保険について

・旅行中の慢性疾患管理など多岐にわたって勉強しました。

午後のWS;エビデンスに基づいた骨粗鬆症診療

このWSはEBM診療で有名な南郷先生の人気のシリーズで、今回は骨粗鬆症でした。113問の(!)クイズ形式で骨粗鬆症をエビデンスからみてみようという企画です。

3時間みっちりと目から鱗のセミナーでした。

追記;1W前の11/4(土)午後に北九州総合診療研究会がありました。総合診療のメッカ沖縄中部病院より喜舎場先生が来て下さり、呼吸器のフィジカルについて講義をしていただきました。その後の臨床推論でも胸壁浸潤のdiffuse large Bcell lymphomaの症例でかなりレアなものでしたが、早い段階からズバリ指摘されて、その臨床力に圧倒されました。

カテゴリー: 未分類   パーマリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>