消化管エコーの旅IN東京

本来エコー検査は充実臓器にたいして行われてきましたが、最近胃や腸などの管腔臓器、肺などもおこなわれています。もちろん直接みる胃カメラや大腸カメラのほうが当然診断能力は高いのは言うまでもありませんが、エコーのいい所はすぐにできることです。虫垂炎と憩室炎、感染性腸炎などの鑑別にも使われます。。先日虚血性腸炎の診断にも力を発揮しました。というわけで、今回丸一日消化管エコーを学ぶセミナーを受講してきました。上部、下部食道、胃から十二指腸、小腸、大腸など一連の消化管を、特に盲腸周辺は入念に実技中心で学んできました。お役に立てるように今後も勉強します。

カテゴリー: 未分類   パーマリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>