月別アーカイブ: 4月 2015

嘘をつく(続き)

納車前30分、不可解な高揚感と、嘘をつく人特有の多弁をおかしいと思ったのでしょう。妻に指摘されます。「どうしたん?」頭が真っ白になった小心者は、永年の経験からこの危機を乗り越えられない事を悟りました。「隠しとった事があるけど、絶対怒らん?」「怒らんけ言ってん。」「実は・・ウン万円の自転車を注文しとるけど、往診用やん。」「なんて!また往診用?こっそり!何台いるん!」結局怒られたあと「言ったら買ってやるのに」(本当か?)となり、このささやかな嘘は一件落着したのです。この教訓の全くない話は、いい嘘の話ではありませんが、我々は時に必要にかられて嘘をつきます。医師は新人時代何年もキャリアを積んでいる出来る医師を演じようとするし、患者さんに出来ない不安をわざわざカミングアウトしません。また、まだあるはずのない医師としての覚悟や、良き医療人を演じます。癌の患者さんにとって何が一番必要かを御家族と一生懸命考えて、場合によっては緩やかな嘘をつくこともあるでしょう。ただ、どの職業も同じですが、そのかたち(persona)
を嘘でもいいから誠実に演じていると、それは内面化して真実となってくるのです。だから人間は誠実に仕事にあたらないといけないし、その仕事に誇りを持たないといけないのです。よく「嘘をつくのはいけません」と教育現場で教えることがあります。しかし社会に出ると、「心配りのための嘘」white lieがつけないと大変な事になります。何事も原理主義的発想は危険ですね。だから今日も職員に「綺麗になったね!」とか「また若返った!」とかwhiteかblackかわからない嘘をついてます。

カテゴリー: 未分類 | コメントをどうぞ

嘘をつく

先週の土曜日は学会のためにご迷惑をおかけしました。桜満開の京都は人も満杯でした。
(夜は友人と祇園で、高嶺の花の舞妓さんをチラ見してました…)さて、話は変わりますが世の中には必要な嘘というのがあり、これを西洋では(white lie)と言うそうです。今回はwhite lieの話です。2月の事です。夜の駅前通りでピスト自転車(競輪のやつ)に乗った女子大生風の女の子を見かけました。その生活道具的な乗り方に胸をドキューンと撃ち抜かれ(モチロン女の子ではなく自転車に)翌日自転車屋に行って早速パンフレットで店員さんと入念な打ち合わせとなりました。が…我が家にはすでに3台の自転車が(°_°)、欲しいけど怒られるかな?結果嘘をつくことにしました。「コソッとガレージに置いていたら3台も4台も解らんやろ」店員さんと偽装工作を打ち合わせ、万事順調で納車の日を迎えました。

カテゴリー: 未分類 | コメントをどうぞ

明日4月11日は休診です。

image1_2.JPG image2_2.JPG

明日4月11日は内科学会出席のため休診です。

カテゴリー: 未分類 | コメントをどうぞ

第3期クリニック空手道教室始まる!

image1.JPG image2.JPG image3.JPG

本日より「第3期水之江クリニック初心者のための空手道教室」が始まりました。礼儀、返事、人に迷惑をかけないを約束して第1回目の練習を開始しました。4ヶ月間頑張りましょう!

カテゴリー: 未分類 | コメントをどうぞ