月別アーカイブ: 10月 2011

予防接種勉強会

 10/24に当院の職員全員を対象に予防接種の講義をしました。これは、最近くるくると変わる予防接種のシステムに対し、医療従事者として絶対ミスの無いように周知徹底をするためです。先日発表のあった小児科学会の予防接種スケジュール、間違い事故の事例、それに対する対処法、各予防接種の復習など1時間弱みっちりと勉強しました。今後、当院かかりつけの方にも話す機会を設けたいと思います。日にちが決まりましたら当HPでお知らせします。      院長

平尾台

秋の訪れ

カテゴリー: クリニックの風景 | コメントをどうぞ

さよならマンボウ先生、さよならジョージさん

 人はいつか死が訪れます。が、この1週間に青春時代に影響を受けた人物2人が相次いで亡くなるとは・・・。一人はドクトルマンボウ、北杜夫先生です。「どくとるマンボウ航海記」を初めて読んだ時は「こんな感じに肩の力を抜いて生きていってもいいんだ!」と、もがき苦しんでいた水之江少年に救いの手をさしのべてくれました。また、同時に医師になる事を初めて意識させてくれたのも先生の一連の著書でした。もちろん先生は、肩の力を抜いてばかりいたわけではなく、自身も双極性障害に苦しまれており、一流のユーモアでそれを覆っていた事は当時の少年には解るはずもありません。城山三郎先生、吉村昭先生、そして北杜夫先生と大好きな作家が相次いで鬼籍に入り、時代の流れを感じずにはおられません。さらにもう一人、R&Bの巨人、柳ジョージ氏が今週若くして世を去りました。大学浪人中の先が見えない苦しい時に、サム・クックのカバーである「A change is gonna come」の歌詞「変われる時が必ず来るよ、そう、必ず。」というところを何回も聞いて自分に言い聞かせていました。また、「Vacancy」、「コインランドリー・ブルース」「グッバイ・ジェーン」などさすらう男の歌を、くわえたばこにギターで歌い、それはカッコイイ憧れのひとでした。     マンボウ先生、ジョージさんありがとう!

カテゴリー: 未分類 | コメントをどうぞ

秋の訪れを待つ

 

 今日は一日雨。この雨があがったら冷え込むようです。クリニックのほうでも風邪の方が大分増えてきました。肺炎にかかる方が目立ちます。咳に注意!!      (下はかわいい愛車たち。)  

門司港レトロとGIOS号

ブルーノ号

 

いただきもの・・・あけびでしょうか?

 

 

カテゴリー: クリニックの風景 | コメントをどうぞ

PC連合学会秋季セミナー

10/9に東京医科歯科大で、日本プライマリケア連合学会秋季セミナーがあり、参加してきました。3時間のワークショップを2コマみっちりと勉強してきました。

迷路のような東京医科歯科大

先週参加した勉強会; 10/5予防接種研修会、 10/7小児気管支喘息ガイドライン  10/9皮膚科、 臨床現場で出来るEBMの実践

カテゴリー: 研修会 | コメントをどうぞ

企業巡視、講話

 昨日5日、産業医をしている企業に講演、職場巡視に行ってきました。井堀にある「新日本非破壊検査」という全国区の会社で、理系男子、技術屋さんの色が濃い非常に活気がある会社でした。

今週の連休は、プライマリケア連合学会の秋季セミナーで東京に勉強に行ってきます。

カテゴリー: クリニックの風景 | コメントをどうぞ

35歳の快挙!

 ボクシングの話。WBCチャンピオンの西岡利晃が、日本人で初めてボクシングの本場ラスベガスMGMで、メキシコの2階級王者マルケスを下し防衛しました。マルケスの恐ろしいほどのびる左ジャブをかいくぐって相手の前足の外側にステップインし、ボディと見せて上へ、上と見せてボディへと、ポジショニングの勝利でした。ラスベガスで一流のメキシカンを破って防衛することがどれだけすごいことか、ボクシングファンなら誰でも感慨深いものがあるでしょう。(実際解説をしていたボクシングマニアの俳優は嬉し泣きしていました。)このチャンピオンは、4度世界挑戦に失敗したあと、アキレス腱を断裂、誰もが引退と思っていたところ強靭な意志の力で復帰、世界奪取、今なお進化をしている35歳です。誰かがTVで言っていた言葉があります。「夢を叶えるために最も必要なことは諦めずに続けることである。」出来そうで出来ない事です。さあ、日本人初のビッグマッチ、ラスベガスでの対ドネア戦が現実味を帯びてきました。お金と時間がもし許せばいきたいな~。(お金も時間もない者の独り言です・・・。)

カテゴリー: 未分類 | コメントをどうぞ