月別アーカイブ: 6月 2011

子宮頚癌ワクチンの現高2生の接種について

 子宮頚がんワクチン不足により、しばらくの間新規受付をしていませんでしたが、製薬会社より現高校2年生女子にたいする製品供給のお知らせがありました。来年3月までの時限措置のためぎりぎりですが、まだ1回もうたれてないかたは、早急にお電話で予約お願いします。詳細は以下の通りです。

カテゴリー: お知らせ | コメントをどうぞ

ピッカピカの1年生

 

今年小学1年生となったお友達です。もう小学校にはなれましたか?(父兄の許可のもと掲載しています。)

はるあちゃん

ゆうせいくん

ゆうしくん

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

なぎさちゃん

きおんちゃん

 

 

カテゴリー: クリニックの風景, 未分類 | コメントをどうぞ

糖尿病関連のお知らせ

 ・HbA1cの迅速検査機器導入のお知らせ

今月よりHbA1c(糖の1~2か月の平均値を表す指標)の迅速検査機械を導入しています。従来は検査センターに出していたので翌日にしか結果が判りませんでしたが、今回導入した機械は6分で結果が判ります。タイムリーな情報で治療方針がその日に決められるメリットがあります。問題の精度のほうですが、数十例に試したところ、誤差は±0.2の範囲でした。何カ月に1回は外注して確認はとる予定です。

・フランスにおけるピオグリタゾン問題について

新聞でも一部報道されていましたが、フランスで糖尿病治療薬のピオグリタゾン(アクトス、メタクト、ソニアス)が、膀胱がんの発症頻度が上がるのではないか、という報告があり、新規処方の差し止めの通達があったということです。これに関しては、統計学的詳細が判らず、まだものが言える段階ではありませんが、各機関の現在のところの見解は以下のとうりです。

KPNC研究・・・欧米行政当局(FDA,EMA)の中間解析では、全体解析ではリスクを増加するとはいえない結果(HR1.2(95%CI0.9~1.5))だった。層別解析では、治療が長くなるとリスクがわずかながら増加する可能性あり。

EMA(欧州医薬品庁)のコメント・・・現時点でのピオグリタゾンの服用を変更することは勧めていない。ただし評価は継続中であり6/20~23に会議する。

アクトスは、糖尿病治療において大事な薬の一つであり、御心配な方も多いと思います。服用の自己中止はくれぐれもしないようにしてください。随時情報はお伝えします。      院長

カテゴリー: お知らせ | コメントをどうぞ