月別アーカイブ: 11月 2010

11月前半の研修会

 11月前半の研修会報告です。今月は、風邪や片頭痛など体調不良のため、思ったように勉強出来ませんでした。

10/30(土) ATIS研究会「脳領域における抗血小板剤の使い方」「冠動脈ステント術と抗血小板剤抵抗性」「PADと抗血       小板療法」

11/5(金)「 肺癌の遺伝子異常と治療」

11/7(日) プライマリケア研修会

11/9(火)腎疾患予防研修会

11/21(日) 糖尿病セミナー「運動療法」「神経障害の診断、治療」「外来インスリン療法」「肝臓からみた糖尿治療」

11/24(水)「 エゼミチブの資質代謝改善作用」

カテゴリー: 研修会 | コメントをどうぞ

全九州高校空手道新人戦

  第30回全九州高校空手道新人大会兼全国選抜予選会が、11/12~11/14に佐賀県総合体育館で行われました。来年の3月に行われる全国選抜大会が鹿児島ということで、今回は九州枠があり、九州北ブロック(福岡、佐賀、長崎、熊本)、南ブロック(大分、宮崎、鹿児島、沖縄)のそれぞれベスト8が全国選抜に行けるということです。各学校とも3年生が抜けて勢力図が変わる中、強豪校はさすがにしっかり戦力を整えてきていました。全九州団体組手では宮崎第一が男女とも優勝、個人組手は男子優勝永澤選手(ゆう興館:長崎)、女子優勝永島選手(宮一:宮崎)でした。(永澤パパの鼻が嬉しさでピクピクしていました。本当におめでとうございます!)我が北九州剛柔からも沢山の子供たちが出場し、選抜出場を決めました。その結果を報告します。

団体組手・・・松原(東福岡)、濱(城東)、戸高、吉村(九州)

団体形・・・濱(城東)、戸高、吉村、岡田(九州)

個人組手・・・濱(城東)、水之江(マリスト)

個人形・・・戸高(九州)

(小倉工業の鍔坂、古庄、岩本はチームの戦力が整わず、あと一歩でした。次回こそがんばれ!)

マリスト空手道部の選抜出場は以下の通りです。

男子団体組手(北部ブロック3位)、男子団体形(北部ブロック6位)、男子個人組手中川(北部ブロック優勝)、女子個人組手水之江(北部ブロック6位)、男子個人形倉原(北部ブロックベスト9)

カテゴリー: 空手道 | コメントをどうぞ

鴨南蛮チャンピオン

 よく食べ物屋さんで、ブログ用に写真を撮っている人を見かけます。人前でみっともないと思う反面ちょっといいかな~と思っていました。いや、正直に言うといっぺんやってみたいな~と思っていました。ごめんなさい、実を言うとやりたくてたまりませんでした、ということで、今回は、グルメ編デビューです。昨日訪問診療の前に猛烈にそばが食べたくなり、八幡尾倉の名店「芭蕉庵」に行ってきました。ここで食べるメニューは決まってます。「鴨南蛮そば」です。数か月前に初めてここの店に来て鴨南蛮そばを食べて以来虜になり、既に4回目です。そばがおいしいのはTVなどでもよく出ていますが、ステーキのような鴨と白ネギがこれでもかと沢山入っています。値段は1500円と高めですが、値段に見合うおいしさです。あれ以来いろいろな店で鴨南蛮そばを食べましたが、「芭蕉庵」が連続防衛を重ねています。私のイメージでは、80年代のボクシング中量級ウォーズでいうところのマーベラス・マービン・ハグラーです。大衆受けする人気店のそば(シュガー・レイ・レナード)でなく、頑固おやじのうつ孤高の切れ味のそば(トーマス・ハーンズ)でもなく、気分屋でその日の味が違うそば(ロベルト・デュラン)でもない絶対王者の味なのです。今後ハグラーを倒す鴨南蛮そばが現れるのを期待して、私の鴨南蛮防衛ロードは続くのです。あしたは、どっちだ~。

左はセコンドのミニ海老天丼

カテゴリー: 未分類 | コメントをどうぞ

春と修羅

    いかりのにがさまた青さ           四月の気層のひかりの底を

    唾し はぎしりゆききする           おれはひとりの修羅なのだ  (宮沢賢治 「春と修羅」より抜粋)

 自分の未熟さゆえに感情を外に出した時、そのほとんどは深い後悔と自責の念にかられます。その時いつも浮かぶのが、上の詩の一節です。予備校時代の先生がよく口にしていた詩ですが、何故か印象に残っています。修羅というのは、仏教の六道で、人間界と畜生界の間に存在する、常に闘争しなければならない世界のことです。宮沢賢治も「雨ニモマケズ」で述べているように、仏道の理想に近づきたい・・ソウイウモノニ ワタシハナリタイ・・という心は常にもっていたはずですが、時に暴れだしてしまう(自らの内面の修羅)のあつかいに手を焼いていたのでしょう。自分も未熟なのは自覚しており、人以上に精進しないといけないと気をつけています。最近は、すこしは・・・と思っていましたが、まだまだ内面の修羅をコントロール出来ません。人間としても、医師としても、院長としても、武道家としても、父としても夫としてもまだまだやのー!俺!

カテゴリー: 未分類 | コメントをどうぞ

プライマリ・ケア学会セミナー

 11月7日(日)、日本プライマリ・ケア連合学会秋季セミナー(大坂科学技術センター)に参加してきました。プライマリケア学会のワークショップは人気が高く、いつも抽選に漏れるので、今回は抽選開始直後に申し込み希望通りの講義を受けれるようになりました。学生時代はいやいや勉強していたのが、お金を払いわざわざ大坂まで勉強しに行くようになるとは。我ながら人間変われば変わるものです。朝から会場に行くと、沢山のドクターやコメディカルが休日にもかかわらず集合していました。マスコミなどが報じる医者(とくに開業医)のイメージは、決して良いものではありませんが、私の周りのドクターたちは、みんな真面目で、自分の時間を割いて勉強し、職人肌の人が多い気がします。会場にも若いドクターのそういった情熱がムンムンしており、刺激を受けました。今回受けたレッスンの内容です。我が診療所に来院されるかたに少しでも役立てばと思います。

1、プライマリケア医のための抗菌薬講座・・抗生剤の適応、使い方を復習しました。

2、独学漢方・・・よく使う漢方薬について。

3、病気の予防と治療と栄養サポートチーム(NST)・・・いろいろな経路からの栄養補給とチーム医療。

カテゴリー: 研修会 | コメントをどうぞ